ニュース
2019/08/12
MSD公式サイト更新!開発系譜図にジム系MSを2機追加!

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD」公式サイトを更新し、開発系譜図とメカニカルページに「ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)」と「ジム・スナイパーカスタム(ミサイル・ランチャー装備)」を追加しました!
プラモデルページも更新されていますので、ぜひチェックをお願い致します。


【MSD】
・画像を「RGM-79KC ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)」に変更。
・開発系譜図 地球連邦軍に「RGM-79SC ジム・スナイパーカスタム(ミサイル・ランチャー装備)」と「RGM-79KC ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)」を追加。

■PLAMODEL
・HG 1/144 ジム・スナイパーカスタム(ミサイル・ランチャー装備)
・HG 1/144 ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)


【PRODUCTS】
■PLAMODEL

・HG 1/144 ジム・スナイパーカスタム(ミサイル・ランチャー装備)
・HG 1/144 ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)

2019/08/12
SUGIZO feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)「光の涯」!『ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』第4弾ED公開!


 

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』公式サイトを更新し、第4弾エンディングを公開しました!


第4弾エンディングテーマは、SUGIZO feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)「光の涯」。作・編曲はSUGIZOさん、作詞はMORRIEさん、歌唱は“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのアイナ・ジ・エンドさんです。
楽曲の販売情報は近日公開予定とのことですので、続報をお楽しみに!


なお、BiSHと、SUGIZOさんがギター/バイオリンで参加するLUNA SEAは、ガンダムシリーズ40周年を記念して開催される「GUNDAM 40th FES."LIVE-BEYOND"」にも登場します。
チケットは一般販売中ですので、この機会をお見逃しなく。


さらに、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の公式Twitterでは、第3弾オープニングが50万再生突破したことへ感謝を込めた、お祝いイラストを公開していますので、ぜひチェックをお願いします!

2019/08/05
『THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』最終第13話「一年戦争」次回予告公開!第3弾ED(第12話版)も登場!

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』公式サイトを更新し、第13話『一年戦争』の次回予告を公開しました!
最終話である第13話の放送は、8月12日(月・休)の0:35から(11日深夜)。関西地方では、同日1:10から放送予定です。『THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』完結の瞬間をお見逃しなく!


また、作品公式サイトでは、第12話『赤い彗星のシャア』の場面カットとあらすじも登場していますので、ぜひチェックしてください!


さらに、本日放送された「第3弾エンディング(第12話版)」の映像も到着しました。


 

2019/07/29
公式サイト更新!第12話「赤い彗星のシャア」次回予告公開!

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』公式サイトを更新し、第12話『赤い彗星のシャア』の次回予告を公開しました!
第12話の放送は8月5日(月)0:35から(4日深夜)で、今回のみ関西地方も含めた全国同時放送となる予定です。ご注意ください。


また、第11話『ルウム会戦』の場面カットとあらすじも登場していますので、ぜひチェックしてください!

2019/07/08
ガンダム40周年 パリとLAで新展開!世界初上映の劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ』富野由悠季総監督にスタンディング・オベーション!新作『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』タイトル決定!

2019年、『機動戦士ガンダム』は、1979年のTVアニメ放送開始から40年を迎えます。この度、「第20回 Japan Expo」(フランス・パリ)、「Anime Expo 2019」(アメリカ・ロサンゼルス)という世界を代表するコンベンションにて、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」に関して新たな施策を発表いたしました。


■フランス・パリ「Japan Expo」にてガンダム40周年プロジェクト発表
フランス・パリ、日本カルチャーの祭典Japan Expoが、現地時間 7月4日(木)~7月7日(日)の4日間、パリ・ノール・ヴィルパント展示会場にて開催。「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」として現地でプロジェクトPVを上映し、このPVの映像解禁と共に、3つのプロジェクトが進行していることが発表されました。


【①機動戦士ガンダム40周年プロジェクトPV公開】
ガンダム40年の歴史と作品の積み重ねを感じさせるとともに、40周年を機に展開されるさまざまな作品、プロジェクトのヒントが示される内容となっております。


【②新作TVアニメ『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』タイトル決定!】
ガンダムビルトシリーズ最新作『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』が企画進行中である旨、発表され、同時に解禁されたプロジェクトPVの中で、約6秒ほどの映像が公開されました。
本作の詳細は、後日発表いたしますので、続報をお楽しみにお待ちください。


【③富野由悠季総監督が登壇し「Japan Expo」で世界初上映!劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ』全5部作が遂に始動!】
2014年にTVで放送された『ガンダム Gのレコンギスタ』に新作カットを追加し、映像を再編集した劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ』(全5部作)の第1部「行け!コア・ファイター」が、現地時間 7月5日(金)「第20回 Japan Expo」にて、富野由悠季総監督も登壇して、世界初上映となりました。上映会の様子は、『Gのレコンギスタ』公式サイトのニュース、およびガンダムインフォをご覧ください。

本作は日本国内での上映も決定していますので、続報をお楽しみにお待ちください。


【④富野監督カンファレンス&miwa『THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』ED曲初ライブ披露】
Japan Expoでは、『ガンダム Gのレコンギスタ』富野由悠季総監督が、サイン会や写真撮影会も実施。フランスだけでなく、ヨーロッパ諸国から駆けつけたガンダムファン・富野ファンとの出会いがとても刺激になった様子でした。
現地の新聞や雑誌、テレビ局、またweb媒体の取材でも、地球環境や歴史経済など、ワールドワイドで通用するようなメッセージが込められた、ガンダムの制作秘話、取材陣の想像していた以上の答えに、彼らも共感し、満足した様子でした。

また、現地時間 7月6日(土)にはカンファレンスに登壇。フランスを中心とした2,000人を超える規模の20~30代のファンたちが、富野監督を一目見ようと集まりました。会場からの様々な質問に、富野監督は熱心に答えていき、その回答一つ一つに会場からはどよめきが起こったり、歓声が湧いたりしていました。「ご自身が作ったキャラクターのうち、誰がいちばん好きですか?」という質問に対して「自分が作ったキャラクターですから、全員好きです。」という答えには、会場から温かい拍手が起こりました。

さらにカンファレンスの最後にはシンガーソングライターのmiwaさんが登場。SUGIZOさんから届いたフランスのファンへの手紙を披露し、現在NHK総合にて放送中(ヨーロッパでは配信中)の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』のエンディングテーマ「A Red Ray」をライブ披露しました。


▲カンファレンスに参加する富野監督


▲富野監督と握手を交わすmiwaさん


▲miwaさん、パリのファンの前で熱唱



■アメリカ・ロサンゼルス「Anime Expo 2019」にてガンダム40周年プロジェクト発表


【『機動戦士ガンダムNT』4DX版、世界最速上映!】
2018年に劇場公開され、今月には中国大陸での劇場公開が予定されている、映画『機動戦士ガンダムNT』。その4DX版がアメリカ・ロサンゼルスにて開催された世界最大級のアニメコンベンション「Anime Expo 2019」にて世界初上映されました。
会場には『ガンダムNT』脚本の福井晴敏氏が登場。ガンダムNTは激しい戦闘や天候の変化など、4DX映えする要素がふんだんに盛り込まれているおり、劇場を埋めたファンとともに鑑賞した福井氏も「かつてない没入感で楽しめた」とその出来に納得。
上映後には吹替声優ヨナ役のGriffin Puatuさん、ミシェル役のErika Ishiiさん、ミネバ役のStephanie Shehさんも登壇してトークショーが行われ、ガンダムNTのストーリーの成り立ちから、物語の重要なテーマでもあるニュータイプ論にも話が及びました。会場に集まった20~40代のガンダムファンも真剣な面持ちで熱心に耳を傾けていました。


▲トーク中の福井さんと声優陣


『機動戦士ガンダムNT』4DX版は日本国内でも、「ガンダム40周年プロジェクト」として、ガンダムシリーズ劇場作品を規定の形式にとらわれず新たな体験とともにお届けする「ガンダム映像新体験TOUR」でも上映予定です。


【「GUNDAM×KEN OKUYAMAプロジェクト」 ケンオクヤマ氏デザインによるガンダムの全貌解禁!】
機動戦士ガンダム40周年の記念映像プロジェクトのひとつとして、工業デザイナー・ケンオクヤマ氏が率いるKEN OKUYAMA DESIGNがプロダクトとしてガンダムを検証しデザインした、「RX-78-2 ガンダム」のビジュアルが完成。
この新デザインガンダムは、「KEN OKUYAMA DESIGN ガンプラプロジェクトスペシャルムービー」と題し、ショートムービーとして映像作品を予定し、シャアザクやザクの登場も予定されています。
さらに、RX-78-2 ガンダムは、プラモデルとしても開発進行中(発売時期、価格未定)ですので、ご期待ください!

PREV NEXT